胸痞へ 咳逆上気 喘息は 華蓋の穴に しくことはなし

胸痞へ 咳逆上気 喘息は 華蓋の穴に しくことはなし

(永田徳本『灸治歌』より)

むねつかえ がいぎゃくじょうき ぜんそくは かがいのけつに しくことはなし

華蓋とは咽なる高き骨よりも五寸下なり 仰てとれ

今日の一言

トップページ