胸満れ 息ただしくて 食に噎せ 皮膚の浮腫には 中府なるべし

胸満れ 息ただしくて 食に噎せ 皮膚の浮腫には 中府なるべし

(永田徳本『灸治歌』より)

むねふくれ いきただしくて しょくにむせ ひふのふしゅには ちゅうふなるべし

中府とは咽なる高き骨はりも下へ五寸の脇へ六寸

今日の一言

トップページ