無病とも 心つかずに 無病なり

無病とも 心つかずに 無病なり

(平田篤胤『志都乃岩室(静の岩屋)』より)


江戸時代の川柳です。

今日の一言

トップページ