観の目つよく、見の目よわく

観の目つよく、見の目よわく、

遠き所を近く見、ちかき所を遠く見る事、兵法の専也。

(宮本武蔵『五輪書』より)


木を見るときは、森も観ましょう。

患部を見るときに、全身も観るように。

今日の一言

トップページ