凡、薬と鍼灸を用るは、やむ事を得ざる下策なり。

凡、薬と鍼灸を用るは、やむ事を得ざる下策なり。
飲食、色欲を慎しみ、起臥を時にして、養生をよくすれば病なし。

(貝原益軒『養生訓』より)


薬も鍼灸だけでなく、導引も按摩も同様です。

病気でもないときに、みだりに治療をおこなうことは上策ではありません。

まずは、朝夕歩き、労働して、座り、寝てばかりいることを避けること。

その上で、具合の良くないときは、治療の当否をよく知って選ぶことが大切です。

今日の一言

トップページ