複雑きわまりない ひとつの生きた袋の中に、 液体的なものがいっぱい入っていて、 その中に骨も内臓も浮かんでいる。

皮膚という 薄い柔らかい
伸びちぢみ自由な 大小無数の穴によって
外界と通じ合っている
複雑きわまりない
ひとつの生きた袋の中に、
液体的なものがいっぱい入っていて、
その中に骨も内臓も浮かんでいる。

(野口三千三『原初生命体としての人間』より)


自分の身体に対するイメージ。
それが変わるだけで心身がいろいろと変化してきます。

今日の一言

トップページ