過去は死んだ歴史ではない。過去は、人間が自分自身をつくりだし、将来を建設する生きた材料である

過去は死んだ歴史ではない。過去は、人間が自分自身をつくりだし、将来を建設する生きた材料である。   (ルネ・デュボス『人間であるために』より)


人が人らしく生きていくために、前を見て、目標に向かって進んでいく必要があります。

でも、それを達成するには、後ろを見ることも必要のようですね。

今日の一言

トップページ