主人は好んで病気をして喜んでいるけれど、

主人は好んで病気をして喜んでいるけれど、死ぬのは大きらいである。死なない程度において病気という一種のぜいたくがしていたいのである。

(夏目漱石『吾輩は猫である』より)


今日の一言

トップページ