鍼灸の実技:第3節  無痕灸の実技

鍼灸の実技:序・目次


第3節  無痕灸の実技


 無痕灸は無瘢痕灸ともいう、皮膚に灸痕を残さぬ灸ということである。けれども、次にのべるように、皮膚に痕を残すこともある。原則として、皮膚に痕を残さぬように据えるのが無痕灸である。通常、無痕灸は皮膚上に生薑、蒜、韮、杏仁の切片  (3mm~1cm位時として2㎝に切ったもの)又は摺り潰して泥状としたもの((泥状の厚さも3mmからから1㎝位にする)をのせ、この物品の上に艾を燃すのである。艾の大きさも流儀によって異なるが皮膚上にのせた物品の面積一杯にする時と、あらかじめ、大豆大、中指頭大、拇指頭大位に艾炷を作っておいて、この艾炷を穴処にあてた物品の上にのせて、これを燃焼させることがある。これらの物品の厚さは薄い程熱の透りが早いが、熱のこもりもさめやすい。厚い程熱の透りが遅いがさめにくいものである。丁度、やかんと、鉄瓶でお湯をわかすような差がある。          
 また、世間にある無痕灸は生薑灸、蒜灸、韮灸、杏仁灸、それから味噌、塩を台にした味噌灸 (お姫様灸ともいう)塩灸などが多い。この他名称は灸と称し乍ら、灸とはいえぬような種類のものがある。             
 また、押灸といって、艾を煙草のように紙で巻いたものの一端に点火して、皮膚上に布片、紙などを置き、その上から、点火した巻艾で押えるものがある。 これは巻灸、棒灸という。直径が1.5cm~2.5cm位のものが一般的に使われる。このようなもので、紙の代りに金属製の円筒を、あらかじめ作っておいて、巻灸のように据えることもある。これも押灸または、棒灸という。
 温灸器と称する容器に艾その他の燃料、たとえば、線香のような可燃性のものを燃やして、布片を斤して、熱を皮膚に与える方法がある。温灸器の種類は、その材料、形式などから50~60種も市場に出たことがあったが、原理は皆同じてある。
 水灸といって、水で濡した日本紙を十数枚重ねて、皮膚上に置き、その上に艾炷を置いて、施灸する方法もある。艾の大小は目的によってきめる。大きいのは手挙大程にすることがある。勿論粗製の温灸艾を使用する。濡れた日本紙の代りに、ガーゼに食塩水を浸したものを、使うことがある。これを活塩灸などと名称づけた人もあった、が同じものである。 
 
 以上はとにかく、艾を使用するが、艾を全然使用しないで、名称だけを灸と称するものもある。
                                                                  
1.漆灸 これは2方法ある。
                                                           
①これは生漆10滴、樟脳油10滴、ヒマシ油適宜をよく調和し、艾に浸ませ、肉池のようにし、製しておき、箸先などで、穴処に点ずる方法をいう。                                                                                 
②乾漆10匁、明礬10匁、樟脳5匁、艾適宜を粉末とし、黄柏の煎汁を艾に混和し、浸ませ、これを小さい棒で穴処に点ずる方法である。
                           
2.水灸 これには3方法ある。
                                                      
①竜脳1匁、薄荷脳2匁、酒精適宜、を混和し、これを筆軸又は箸で灸点部に塗布する。                                                                     
②磠砂精11匁、白礬1匁、樟脳2匁、を混和密閉しておいて、之を筆軸又は箸で灸部に塗布する。                                                          
③グリセリン50.0gr、硝酸20.0gr、竜脳30.0grを混和溶解して、細棒で灸点部に塗布する。 
                                                                
3.墨灸 これに2方法ある。
    
先ず、黄柏5匁と水1合との混和せるものを、緩火で煎じて5勺とし、これで和墨を擢り、濃汁とする。これを黄柏和墨という。                                
①黄柏和墨5勺、麝香1匁、竜脳2匁、米の粉末2匁をよく混和し、これを灸点に塗る。                                                                    
②麝香1匁、竜脳1匁、煤煙適宜、ヒマシ油適宜をよく混和して艾に浸ませ、これを小豆大に丸め扁平にして、灸点部位におき、この上から施灸する。
                                                                         
4.紅灸 これは薬用紅を灸点部位に塗布するだけである。
                                
5.油灸  一文銭 (文銭)を皮膚の穴上におき、灯心に油を浸したものの一端に点火し、文銭の孔から現われている皮膚につけ、これを焼くのである(無痕灸とはいえない、踏み抜きの局所、目ぼしに肩部の小丘陰状のものを焼くに用いる)。                                                       
 以上は後藤道雄博士の≪へッド氏帯の臨床的応用と鍼灸術≫より引用す。また艾に他物を混ぜて、普通灸の如く使用することもある。≪本草網目≫ "硫黄灸"と称するものがある。これは、硫黄の粉末を艾に混和したもので、この艾をいう。火熱が強くなるものである。同様に麝香や竜脳や甘草末を粉として、艾に混和し、これを使うこともある。これらを、"薬艾" という。

前のページ

次のページ

トップページ