服食を神仙に求れば、多く薬の誤る所と為す。

服食を神仙に求れば、多く薬の誤る所と為す。  (『古詩』より)


昔の話、

神仙家、仙人になって不老長生を望む人は、その手段を食べ物に求めました。

さまざまな神仙薬、丹薬が生まれ、

秦の始皇帝も、水銀を含む薬を服用していたという説があります。

でも、不老長寿を求めても、薬によって逆に病気になったり命を落としたりすることが多かったのです。

現代では、健康、健康寿命が求められています。

その一方で、テレビや新聞、雑誌などで、健康食品や薬の宣伝が活発です。

食事や薬は大切なものなので、

昔のあやまちを繰り返さないように、服用する前に、よく考えたほうが良さそうですね。

今日の一言

トップページ